借金はスルナ!

ギャンブル依存症

借金する理由は、いくつかあります。1つは、家などの購入、生活に必要なお金を借りるという、どうしても必要な借金。次に、交通事故による慰謝料という、予期せぬ借金。最後に、ギャンブルで一発当ててやるという、病気による借金です。この中で、最も多重債務になりやすいのは、最後の病気による借金です。

そう、「病気」なのです。ギャンブル依存症です。「お金を借りてでもギャンブルしたい・・・」、「暇さえあればパチンコに行く」という方はギャンブル依存症だといっていいでしょう。ギャンブル依存症は、一般的な病気のように、体に異変が表れることがないため、病気としては分かりにくいものですが、しっかりした「病気」といえます。
ギャンブルによって借金が起こることにもかかわらず、止めることができない状態のことを指します。「病的賭博」と診断され、世界保健機関(WHO)も認めている病気の一つなのです。

この病気にかかる人は、あるきっかけがあることが多いです。そのきっかけとは、時間つぶしや、遊びのつもり、誘われたというきっかけです。ここでいきなり依存症になる人はあまりいませんが、偶然にも勝ってしまい、お金が労せず手に入ってしまいます。毎月の給料がコツコツと働いて、20万〜30万ですが、ギャンブルに勝つと、5万〜10万が数時間で手に入ります。これが、きっかけです。

誰だって苦労してお金を貯めるよりは、楽な方を選びます。ギャンブルで勝って大金を手に入れた人はこう思うのでしょう。「わざわざ、苦労して働かなくても、ギャンブルで勝てば、お金が手に入る」。こうなれば、もうギャンブル依存症の入り口に足を踏み入れたといってよいでしょう。

負けてもルールを覚えるし、一度でも大きく買ったことがある人は、「次は取り返してやる」、という気持ちが強く出てきます。それで、買ってしまったとしても、以前にも負けた分も取り返すとか、まだいけると考えてしまう人が多いのです。つまり、一度でも大きく勝てば、歯止めが利かなくなってしまうのです。そして、お金を借りて、勝って取り返す。と次々とお金を借り手、多重債務に苦しむのです。

抜け出すためには

そんなギャンブル依存症から抜け出すためには、やはり、ギャンブルを止めるしかありません。しかし、これがなかなかうまくいきません。一度でも勝った時の事を思い出すと、またやってしまうという方もいます。喫煙者が禁煙しようとしても、また吸ってしまうことを強くしたような感じ、または、麻薬に一度手を出したような状況だといえるでしょう。

麻薬をやめられないのは、一度行ったときの快楽と禁断症状のためです。ギャンブル依存症も同じで、一度勝った時の快楽によってやめることができなくなります。しかし、麻薬と唯一の違いは、理性が利きやすいことです。まず、自分がギャンブル依存症だと認知し、暇さえあれば、ギャンブルという習慣を崩せれば、自分の気持ち次第で、ギャンブル依存症は克服できるでしょう。

最後に、ギャンブル依存症は、治らないのです。あくまで、克服するだけ、つまり、乗り越える、押さえつける事ができるだけです。克服したから大丈夫とまたギャンブルを行えば、元の木阿弥(もとのもくあみ)です。一度でもギャンブル依存症になった人は、二度とギャンブルを行わないようにしましょう。また、ギャンブルが原因では自己破産はできません。注意しましょう。

check

オーディション写真なら大阪のフォトスタジオ
http://studiozero-photography.jp/

最終更新日:2017/2/16